読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボードゲームインストア

ボードゲームのルール解説や気になったニュースなど

Gen Con 2016の情報をまとめる #6 「コンポーネントが素晴らしいゲーム」編

ここからは趣旨を変えてGen Con2016で遊ばれていた新作ゲームをカテゴライズしてまとめていきます。今回はコンポーネント編。

 1. Vikings on Board

Blue Orange Games, 2-4 players, 30-60 min, age 8+

f:id:coyoteBG:20160828202101p:plain

 Vikings on Boardはバイキングとなり荷物を積んだ船を出向させます。

ワーカープレイスメントとセットアクション要素が含まれたゲームです。船に積んだ荷物をより多く獲得すること、誰がその船を操作するのかを予想して掛け金を獲得することにより勝利点を獲得します。

セットアップ後のボード。広大な海と立体的な船のコンポーネントはインテリアとして置いていても違和感がなさそうです。

このコンポーネントがカッチリと箱に入っているのがまた気持ち良い 笑

 

 2. Hit Z Road

REBEL.pl, Space Cowboys, 1-4 players, 30-60 min, age 12+

f:id:coyoteBG:20160829225613p:plain

Hit Z Road (Route 666)はアメリカにはびこる大量のゾンビを避けながらシカゴからカリフォルニアまでドライブで旅をするというゲームです。

Hit "the" Road「旅をする」という意味をもじったタイトルです。

ゲームは場に並べられた何枚かのイベントカードからイベントを選択し、資源を得たり、ゾンビと戦ったり、はたまた逃げたりしながら道中のポイントを稼いでいきます。勝利するためには多くのイベントをこなす必要がありますが、まずは生きて目的地に到達することを目指すことが何より重要です。

 

ゾンビミープル!とても可愛いです。

Gen Con 2016でのプレイ風景。DEAD END(行き止まり)の標識が血で染まった机でプレイしています。

キャップトークンを自作した猛者も!これいいなぁ!

 

3. Potion Explation

Horrible Games, 2-4 players, 30-60 min, age 8+

f:id:coyoteBG:20160829235130p:plain

新作ではないですが、Gen Con 2016で試遊・販売されており、とても好評だったので一緒にまとめます。日本でもすでに国内出版されているゲームですね。

プレイヤーは魔法学校の生徒となり、魔法の薬を調合します。調合に必要なポーションの材料は4種類あり、それらをうまく組み合わせて目的のポーションを作ります。ポーションの材料を取るときに、同じ色の玉がぶつかると連鎖して一緒にもらえるのですが、某携帯アプリゲームのようでハマる人が続出したとか...笑

フラスコタイルの色合いやビー玉が美しい。

 

個人的にあまりごちゃついたコンポーネントは好みではないので、シンプルにまとまったコンポーネントを見るとやっぱりいいなぁと感じてしまいます。